<   2006年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 30日

Like a rolling stone

かつてあんたは綺麗な服を身にまとってた
すべてがうまくいってたときのあんたは
 浮浪者に金を恵んでやってたっけ
そうだろう?
みんな言ってなかったか「気をつけな。落ちていくだけだぞ」って
でも、あんたは冗談だと思っていた
街角をうろついてるような奴らのことを
あんたはよく笑い者にしていたっけ
今、あんたは大きな声で話さない
今、あんたは自慢しようとしない
次の食事にありつくのに、街をうろつかねばならないことを

どんな気分だ?
どんな気分がする?
家がないってのは
誰にも知られないってことは
転がる石のように生きることは

一流の学校に通っていたよね、ミス・ロンリー
でもわかっただろ、あんたはただしぼりとられていただけなんだ
誰も道端で暮らしていくことなど教えてはくれなかった
あんたは今それに慣れていかねばならない
わけのわからない浮浪者になど けっして譲歩したりしない
そうあんたは言っていたね
 でも彼らの空虚な目を覗き込めば 今ならわかるだろう
彼らだってただアリバイを売ってるわけじゃないことを
そして今のあんたは 彼らに取り引きをもちかけている

どんな気分だ?
どんな気分がする?
ひとりぼっちで
向かう家もないってことは
誰にも知られないってことは
転がる石のように生きることは

手品師や道化者があんたのところにやってきて
あんたをおかしがらせようとしたとき
しかめっ面をする彼らに あんたは振り向きもしなかった
それがひどいことだって わからなかったんだな
自分がやる代わりに 他の人達にひどいことをさせていたわけさ
そうするべきじゃなかったね
あんたは肩にシャム猫をのせた外交官と
よくぴかぴかの車に乗っていた
すべてがはっきりした今 つらくないか
あいつに本当はそんな気なんてなかったんだと
ただ、あんたから取れるだけ取っていっただけなんだと

どんな気分だ?
どんな気分がする?
ひとりぼっちで
向かう家もないってことは
誰にも知られないってことは
転がる石のように生きることは

塔の上のお姫さまと綺麗に着飾った人達は
酒を飲んでいる うまくやったと思っている
素晴らしい贈り物などを 交換し合ったりしている
でもあんたはそのダイヤの指輪をはずし 質に入れたほうが良さそうだ
落ちぶれたナポレオンと 彼が言った言葉を
あんたはひどくおもしろがっていたよな
さぁ、彼のところへ行くんだ
呼んでるぜ 嫌とは言えないはずだ
なにもない時は なにも失わない
今のあんたは透明だ あんたには隠すような秘密などない

どんな気分だ?
どんな気分がする?
ひとりぼっちで
向かう家もないってことは
誰にも知られないってことは
転がる石のように生きることは



  Bob Dylan


**********************


HOW DOES IT FEEL           どんな気分だい
HOW DOES IT FEEL           どんな気分だい
TO BE WITHOUT A HOME       帰る家もなく
LIKE A COMPLETE UNKNOWN    誰にも気付かれもしない
LIKE A ROLLING STONE?       転がる石になった気分は?

強烈なサビですね。

詩を読む限りでは”成り下がり女”を歌った詩だ。
この曲の解釈には発表当時から、さまざまな憶測が飛び交って、
ブライアンジョーンズは自分についての歌だと思い込んでパラノイアに陥ったと言う。
 一部のフェミニストはジョーンバエズに代表される「強い女性」に対する嫌悪の歌だと誤解したとも言う。

 最近読んだ音楽誌でおどろいた説は、
多くの推測に反してボブディランが自身に向けて書いたタイムカプセルのような歌なんだと。
ディランは自身の中に存在する「驕り(おごり)」に対しての、
徹底抗戦の意思表明を童話のように分かりやすくして歌に書き留めたのだと・・・。
 だからローリングストーンズ(特にミック・ジャガー)がこの曲のカバーを熱望していたのか・・・と想った瞬間、
あまりにもストイック過ぎる男達の精神に感動したのです。

♪Bob Dylan : LIKE A ROLLING STONE 『 Highway 61 Revisited 』 
♪THE ROLLING STONES : LIKE A ROLLING STONE 『 Stripped 』

by hilaling | 2006-03-30 23:33 | ■The Rolling Stones
2006年 03月 30日

御対面!

 ブログでお世話になっている方と初めてお会いしました。
先生から”たろべえじゅさん”がいらっしゃるから~と、
お電話を頂き、お宅にお邪魔してお会いさせて頂きました。

 ”たろべえじゅ”さんは
静岡県藤枝市不動峡水車むらの喫茶店「たろべえじゅ」を四年ぶりに再開されたばかり。
ブログからオープン・パーティーにもお誘い頂きましたが、
この時期は仕事多忙のため泣く泣く欠席させて頂いきました。
仕事が一段落したらお店に伺って、お会いしたいと想っていた方でした。

 ブログでやり取りしていると、勝手なイメージでその人を想像しますよね~。
お会いできた事がとても不思議な感覚でした。

 ブログの感想など聞かせて頂き、
過去のブログをしっかりと憶えていてくださったり、
文章、写真の感想をはなしてくださったり・・・。
共感できる接点があると意気投合するのには時間は掛かりませんね。
 それぞれ共通の友人がいてつながりがあった事を確認できたり。
世間は狭いものです。
  
 ”たろべえじゅ”さんありがとう御座います。
必ずお店にはお邪魔しますので、少々お待ち下さい。

 ブログを御覧の皆さんも
『 たろべえじゅ通信  : たろべえじゅさんブログ 』を是非、御覧になって下さい。
素晴らしい環境、素晴らしいお料理に感動して行ってみたくなりますよ。

 
 お陰様でブログを通して色んな方々とお付き合いさせて頂き、
毎回の更新を楽しみにさせて頂いたり、コメントを頂いたり、
ブログ・ライフを満喫させて頂いております。

 ブログで出逢った方々、これも何かの縁。
いつか逢えるといいですね~。
そんなチャンスを楽しみにしています!
これからも皆さん宜しくお願いします。

by hilaling | 2006-03-30 00:19 | ■It's my life
2006年 03月 26日

業務連絡 ピッツァ・イオーラ料理教室のお知らせ

e0014905_4454610.jpg
 3月27日 (月)  pm7:00~  ¥2500  よろしく!

 過去の料理教室ブログ   ①    ②   ③   ④ こんな感じでやってます。

by hilaling | 2006-03-26 04:53 | ■pizza iola
2006年 03月 24日

the RollingStones a Bigger Bang Tour 2006.3.22

e0014905_20504271.jpg

  東京ドーム、今日は雨。静岡よりちょっと寒いね。
足早にドームに向かう人並み、皆ストーンズ・ルックで決めてるね~。
初来日のTシャツや、皮パン、限定の公認ストーンズ・スタジャンや、ベロのキャップ・・・
オレもその一人なんだけど~。 みんなそれぞれストーンズを楽しんでるわけさ。
e0014905_20511465.jpg

  『 ”転石”目撃証言!』

40年、変わらないって事は素晴らしい事? ボクは素晴らしいことだと想う。

ミック・ジャガーとキース・リチャーズは62歳。
チャーリー・ワッツは64歳。
ロニー・ウッドは58歳。

その昔、ロックは一生食っていける商売だなんて誰も想わなかった。
基本姿勢を変えずにロックの先人として40年転がり続ける事の意味って、
ボクらの人生、未来も想像できないのと同じように、とにかく止まらずに転がり続ける事の意味をローリングストーンズから教えてもらっているだよね。
それを今夜体感できた事をラッキーだと想うね。
e0014905_20515712.jpg

Date: Mar 22, 2006
Location:Tokyo - JAPAN - Tokyo Dome

Set List

Jumping Jack Flash
Let's Spend The Night Together
She's So Cold
Oh No Not You Again
Sway
As Tears Go By
Tumblin' Dice
Rain Fall Down
Night Time Is The Right Time
This Place Is Empthy
Happy
Miss You
Rough Justice
Get off My Cloud
Honky Tonk Woman
Sympathy
Paint It Black
Start Me Up
Brown Sugar
Can't Always Get What You Want
Satisfaction


アリーナの中央にBステージってのがあって、自分達の席の真ん前にあるわけ。
『 Miss You 』 の時に目の前5~6mのBステージに来たんだ。
目の前でローリングストーンズが・・・・。  感泣!
e0014905_20524879.jpg

 ミック・ジャガーで想うこと・・・。

♪彼のパフォーマンスはホントに素晴らしかった。
62歳とは想えないフットワーク・ダンス・声量・運動量は日頃の鍛錬が充分に発揮されている。
計画性を持ってライヴのスケジュールを決めるらしく、一年前からジムで体力づくりをして準備するらしい。 
ローライズドでヘソ出し、ちょっとだけ割れた腹筋をさらけ出せるボディー。
見習わなければいけないな~。

♪ミックは、いまやストーンズのビジネスを引き受け、契約からツアーの仕切りまですべてをハンドリングしています。ビッグ・ビジネスのリーダーでもあるんですね。ただのミュージシャンにこれだけのビジネスはできません。

♪ミック談 『 「これが最後のワールド・ツアーだ・・」 ってのは最低の宣伝文句だ、ストーンズは絶対これが最後のツアーだなんて言わないぜ! 次のワールド・ツアーだって充分ありえる。 』  ミック、カッコイイ~! 

♪キース談 『ロックン・ロール・バンドっていうのは、拳銃みたいなものさ。いつだって新しい弾丸を込めとかないと、錆びついちまうんだよ・・・。』  キースもカッコよかった。 

 ボクらは後ろは振り返っても、決してそこにとどまっちゃ、いけないね。
まだまだ夢中に転がり続けるよ。これぞロックじゃありませんか。
e0014905_213828.jpg

 『 PGS音楽市場的 東京ドーム周辺リポート 』
『 PGS音楽市場的、東京ドームリアルタイムレポート! 』

by hilaling | 2006-03-24 23:28 | ■The Rolling Stones
2006年 03月 23日

号外 ローリングストーンズ来日公演スタート

e0014905_20144755.jpg

[東京 22日 ロイター] ロックの大御所、ザ・ローリング・ストーンズが22日、5回のコンサートを予定している日本ツアーの初日を東京ドームでスタートさせた。
 3年ぶり5度目の来日公演となる今回は東京、埼玉、札幌、名古屋の4カ所で行われ、計15万人を動員する。
 今回の来日公演は、昨年8月に発売した「ア・ビガー・バン」に合わせて始まったワールドツアーの一環。
(ロイター) - 3月23日13時38分更新
e0014905_20165493.jpg

英ロック界の大御所、ローリング・ストーンズが22日、ワールド・ツアー「ア・ビガー・バン」の日本公演を東京・文京区の東京ドームでスタートさせた。3年ぶりの来日のため、雨にもかかわらず会場には熱狂的なファン3万人が集結。開演前から熱気ムンムンの中、4人が登場すると割れんばかりの大歓声が巻き起こった。
 メンバーのうち3人が還暦を迎えているがそのパワーと人気は健在。「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」でライブはスタートするとファンは総立ちとなり、ボーカルのミック・ジャガー(62)もエンジン全開。「アリガトウ!」と日本語のサービスも飛び出しつつ、バックスクリーンに作られた高さ28メートル、幅60メートルの巨大特設ステージ上を縦横無尽に動き回り熱唱した。
 昨年、北米では400万人の観客を動員。日本公演も最高の盛り上がりでスタートしたツアーは24日に再び東京ドーム、29日に札幌、4月2日に埼玉、4月5日に名古屋と4カ所5公演を行う。
(デイリースポーツ) - 3月23日11時5分更新
e0014905_20181910.jpg

   『ストーンズ来日公演、東京Dに28mタワー』
英ロックバンドのローリング・ストーンズが22日、巨大ビルステージを持ち込んだ東京ドーム公演を行った。ビルは6階建て相当で高さ28メートル。ミック・ジャガー(62)はスタートからシャウト全開。米では訪問地の著名人に触れるサービスをしていたが、今回も「WBC日本優勝」に触れ「オメデトウ。10対6。スゴイネ」と約3万5000人のファンをわかせた。
 ミックは「タノシンデル?」「イイナガメネ」と日本語を多用。米ツアーではビルの中に観客を入れ、真上からメンバーを見下ろす特別席があったが、日本では「ステージ上に客はだめ」と許可が下りず一般販売はなかった。だが「演出上のエキストラ」の名目で、特別招待の約100人がビル席に陣取った。ラストの21曲目「サティスファクション」では、ミックが幅62メートルのステージを全力疾走。ステージを下りてファンとハイタッチし62歳とは思えない体力を見せていた。
(日刊スポーツ) - 3月23日9時50分更新

by hilaling | 2006-03-23 20:21 | ■The Rolling Stones
2006年 03月 22日

じゃ~、行ってくるよ。   

ローリング・ストーンズのライヴさ、東京ドームまで前転ノンストップで転がって行くか~。
ウソ・ウソ・ウソ・ウソウソウソウソ・・・・・・・・(笑)。
It's a GAS!GAS!GAS! ・・・・・・・。

 仕事多忙な中、無理矢理時間を作って行ってきます。
ストーンズ・メンバーの年齢的にはこれが最後なのかと想うと
チケットを握りしめて行かなきゃ~、って想うんだよね。

 携帯電話持って、デジカメ持って、車中で聴くCD(stones)、お金、オペラグラス・・・。
忘れちゃ行けない、チケット・・・・。持った、持った・・・・。

 なんだかソワソワしてハッピーな雰囲気~。
e0014905_13485848.jpg

 こんな感じで行ってきます。ロック・イベントにはロックTシャツ、これ当たり前。
何か良い事が有るように、
『幸せのローリングストーンズ・バッチ(四つ葉のクローバーとレッド・タン、ほのぼのストーンズ)』 。
よし、OK。
e0014905_12535159.jpg

じゃ~、転がってきます。

by hilaling | 2006-03-22 12:56 | ■The Rolling Stones
2006年 03月 21日

君は見た?WBCを・・・。

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に釘付けでした。
トリノ五輪に夢中になり、野球に熱中し、久しぶりに胸高鳴った。

イチローの吐く言葉 すべてがかっこ良かったと想う。
ストレートで感情的な言葉1つ1つが生々しい感情だった。
とても自然体な言葉だったと想う。
e0014905_1173577.jpg

WBCが終わって、次は第78回選抜高校野球が23日、阪神・甲子園球場で開幕する。
母校が甲子園出場するんで、今日寄付をしました。
今年の春は純真無垢な気持ちでスポーツに夢中になれることが嬉しいです。
e0014905_136767.jpg


by hilaling | 2006-03-21 23:15 | ■baseball
2006年 03月 21日

号外 R・ストーンズ、22日からの日本公演を心待ち

東京ドームでの観客動員100万人達成へ
e0014905_2125295.jpg

【東京 20日 ロイター】 - 世界ツアー「ア・ビガー・バン」の日本公演のため、来日中の英ロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズが20日、都内で記者会見を行った。ローリング・ストーンズの来日は2003年以来3年ぶりで、今回の日本ツアーでは、東京ドームで2講演など計5講演を行う。

  22日の東京ドーム講演で、同所での講演は1990年から通算23回目となり、総観客動員数が100万人を突破する見通しとなっている。ミック・ジャガーさんは、「とてもエキサイティングなものになるだろうね」と東京ドームでの公演を心待ちにし、初めての札幌講演も楽しみにしている、と述べた。ギターのキース・リチャーズさんは、花見を楽しみにしているという。

  また、クリケット好きとして知られるジャガーさんは、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の決勝、日本対キューバ戦にも関心を示し、「両チームは全く対照的なチームだ。日本は非常にプロフェッショナルなチームで、キューバはアマチュアのチームだ」と述べた上で、日本の勝利を予想した。【了】      2006年03月21日18時12分 ロイター

by hilaling | 2006-03-21 21:05 | ■The Rolling Stones
2006年 03月 21日

号外 ローリングストーンズ記者会見

 詳しい詳細はthe rollingstones リポート :PGS音楽市場
e0014905_19258.jpg


2005年に新作『ア・ビガー・バン』をリリース。昨年は北米ツアーで66回の公演で400万人を動員、1億6200万ドル(約190億円)を稼ぎ出したモンスター・バンド、ローリング・ストーンズ。3月22日(水)東京ドームを皮切りにツアーを行なう彼らが、20日都内で記者会見を行なった。多数のマスコミが押しかけ、立ち見の記者も多かった今回の会見の模様を速報でお届け!


──今回の来日への意気込みは?

ミック:日本でのツアーは本当に楽しみにしていたんだ。なぜなら、今回は多分水曜の東京ドームで、通算100万人目のストーンズ来日公演のお客さんが来場する予定だからね。だから、それはとくに楽しみにしているよ。それに、札幌にはこれまで行ったことがないから、それも楽しみだね。もちろん、名古屋のみんなに会えるのもうれしいよ。今回は2種類の大きなステージを持ってきていて、東京ドームではお椀のような中にみんなが入る形、さらにさいたまスーパーアリーナではアメリカ・ツアーで使っていた特大のステージを久しぶりに組むから楽しみにしているんだ。

チャーリー:俺はこの季節だから、ぜひ花見をしたいね。日本の桜は有名だからね、ぜひ見物したいよ。

──約40年のバンド活動の中で、とくに楽しかったことは?

ミック:今年2月にリオデジャネイロのコパカバーナ・ビーチでやった無料コンサートは素晴らしかったよ。200万人の前でショウをしたんだけど、ショウが終わった後に観客の様子が見えたときには、本当にすごいと思ったね。あとは、(今年2月に開催され、テレビ放送を全米で1億人以上が観た)スーパーボールのイベントも楽しかったけどね。

──キースさんは米公演でタバコを吸ってリラックスする姿を見せてくれましたが、東京ドームでも見られるのでしょうか?

キース:うん、ショウの一部だからね。

ミック:チャーリーはパイプを持ってきているよ。

──バンドの長い歴史の中で色々なメディアを経験してきたと思いますが、インターネットについては?

ミック:今すでにバンドの全ての曲がオンラインでダウンロードできるようになっているし、もちろん関心を持っているよ。

──ミックさんはクリケットの大ファンですが、(野球の)WBCについてはどう思いますか?

ミック:明日(3/21)は決勝だね。朝早いから見られるからはわからないけど、観られたら楽しみたいと思うよ。日本はプロフェッショナルのチーム、キューバはアマチュアのチームで、それぞれ野球のスタイルがかなり違うから、興味深いね。

──私は通勤中に聴く人が多い、朝早い番組をやっているラジオDJですが、ストーンズのみなさんはツアー中など、朝起きるのが辛いときにはどうしていますか?

キース:そのまま寝ているよ。

ミックが自らテキパキと司会進行を務めた記者会見は20分あまりでここで終了。なお、彼らのジャパン・ツアーは22日(水)東京ドームよりスタートする。

photo by MIKIO ARIGA

<ア・ビガー・バン・ワールド・ツアー>
●東京公演
3月22日(水) 東京/東京ドーム
3月24日(金) 東京/東京ドーム
●札幌公演
3月29日(水) 札幌/札幌ドーム
●埼玉公演
4月2日(日) 埼玉/さいたまスーパーアリーナ
●名古屋公演
4月5日(水) 名古屋/ナゴヤドーム
【問】JECインターナショナル TEL:03-5474-5944


『 ストーンズ公演キースのたばこOK 』

活動歴44年の英ロックバンド、ローリング・ストーンズが20日、都内で来日会見を行った。約200人の報道陣の前で、4人は立ったまま約15分の会見に臨んだ。ギターのキース・リチャーズ(62)はステージでくわえたばこがトレードマーク。昨年の北米ツアー中も、屋内会場で堂々とたばこを吸った。「今回のドーム公演は? 」の問いに、キースは「(喫煙は)ショーの一部」と喫煙宣言。ミック・ジャガー(62)も「チャーリー(・ワッツ=64)もパイプを吸い出すさ」とジョークを飛ばした。
 ドーム内は禁煙だ。今回のキースの宣言に、東京ドームでは「事前にステージで喫煙するとの申請があり、消防の許可が下りているので問題ない」と話している。あくまでキースの喫煙は「合法」で、マネするとしかられる。
 22日の東京ドーム公演はストーンズにとって24回目となる。22日にも総観客動員数が100万人を突破する。メンバーの平均年齢は61・5歳。今回が最後の来日とも言われているが、ミックは次の来日について「そうありたい」と再来日をにおわせた。
(日刊スポーツ) - 3月21日10時5分更新


『 ストーンズ 日本再公演 』

3年ぶり5度目の来日公演を行う英の大御所ロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」が20日、都内で会見した。年齢的な問題から毎回“最後の日本公演”と言われ続けているが、会見でボーカルのミック・ジャガー(62)は「(次回)ツアーの名前を決めてもらおうかな?」と珍しく再来日を約束。日本公演は新アルバム「ア・ビガー・バン」を引っ提げたアジアツアーの一環で、札幌、名古屋で初公演。4カ所5公演で15万人を動員する。
 さすがの注目度。会場に詰めかけた報道陣は150人。カメラもスチール50台にテレビ15台という物々しさだった。ミック、キース、ロニー、チャーリーの4人はご機嫌で登場。特にミックは「日本に戻ってこられてうれしい」と壇上を動き回る騒ぎだった。
 昨年8月に発売した新アルバム「ア・ビガー・バン」のリリースに合わせてワールドツアーをスタート。北米で400万人を動員し、この日本からアジアツアーへ突入、4月8日には中国初の上海公演も行う。
 日本では2種類のステージセットを使う。東京、札幌、ナゴヤの各ドームでは高さ28メートル、全長60メートルのビルをモチーフにした巨大セットを使用する。ミックは「アメリカで前に使っていた大きなヤツを持ってきた」とニヤリと笑うが、残念ながらさいたまスーパーアリーナでは構造上の問題でセットが使えず、可動式の花道になるという。
 メンバー3人が還暦を超え、来日のたびに最後の日本公演ともいわれる。報道陣の「BIGGERツアーでなく“BIGGEST”を期待していい?」という再来日を期待する声にミックは「そうありたいね」と実現の可能性を口にした。
 2月にはブラジルで「史上最大」と銘打った無料コンサートで200万人を集めた。日本公演は当然有料で最も高い席がさいたまの6万5000円。ミックは「地域、場所、会場によっても値段は違う。(ブラジルの)リオで見ればタダ。アルゼンチンでは払い戻しもあった。ジョークだけど」と“高額批判”を笑い飛ばしていた。
(デイリースポーツ) - 3月21日11時39分更新

by hilaling | 2006-03-21 08:38 | ■The Rolling Stones
2006年 03月 21日

号外 ストーンズ 桜咲く頃おやじ満開 平均62歳が巨大ステージド派手パフォーマンス

 3年ぶり5度目の日本公演「ア・ビガー・バン・ツアー」のため来日中の英ロックバンド「ローリング・ストーンズ」が20日、都内のホテルで記者会見を行った。平均年齢62歳にもなり、今回が最後の来日公演ともささやかれる中、定刻通りにスタートした会見では終始ご機嫌。ミック・ジャガー(62)は「すごい楽しみ。日本の桜の季節を堪能したい」と、初日には東京ドーム通算動員100万人にも達するツアーに向けて意気込んだ。

 1990年に初来日を果たして以来、今回で5度目。テレビカメラ15台、スチールカメラ50台、記者150人に出迎えられ、ミックを先頭に無数のフラッシュを浴びながら4人のメンバーが会場入りした。

 前回の来日では1時間以上、会見に遅刻する“悪さ”も見せたが、今回は定刻の午後2時ピッタリに姿を見せ、ミックは「日本は今、桜の季節。日本の有名な桜を堪能したい」と、3年ぶりの日本公演を心待ちに話した。

 昨年8月に米ボストンからスタートしたツアーは、世界89か所を回り、日本でも22日から東京ドームなど4か所5公演を行う。初日には、東京ドームでの通算動員が100万人に到達する見込みで「東京ドームがすごく楽しみ」と、キース・リチャーズ(62)。

 日本公演には2つ用意されているというステージにも注目が集まり、3か所のドームでは、米国のスタジアム公演で使った6階建てビルの高さに相当する28メートル、幅60メートルという巨大ステージでパフォーマンスする。

 1962年に結成して、今年で活動45年目のストーンズ。メンバー4人の平均年齢も60歳を超え、体力的にも大規模ツアーは今回が最後ではないか、という様々な憶測も飛び交っている。

 今ツアーのタイトルは「ア・ビガー(より大きいの意味のbigger)・バン」。報道陣から「(次のツアーでは最大の意の)biggestを期待してもいい?」という質問も上がったが、ミックは「そうでありたい。あなたに、次のツアーの名前を考えていただきたい」と、ジョークでかわした。

 今回が最後の可能性もあるだけに、最高で6万5000円にもなるチケットは、追加のさいたまスーパーアリーナ公演以外はほぼ完売の状態。ネットオークションでは15万円の値が付いている。日本のファンにどんなパフォーマンスを届けてくれるのか、目が離せない。

2006年03月21日08時15分 スポーツ報知

by hilaling | 2006-03-21 08:30 | ■The Rolling Stones