カテゴリ:■住宅講座( 7 )


2008年 02月 17日

■イメージした空間、生活空間、憧れの生活・・・。

e0014905_0364779.jpge0014905_037483.jpg




by hilaling | 2008-02-17 01:53 | ■住宅講座
2008年 01月 23日

■住宅講座最終日

e0014905_14173056.jpg




by hilaling | 2008-01-23 21:11 | ■住宅講座
2007年 10月 26日

■次元さまとミック・ジャガーとボクとで椅子を語る・・・  10/20(土)

e0014905_13315474.jpge0014905_1332105.jpg




it is the evening of the day
i sit and watch the children play
smiling faces i can see but not for me
i sit and watch as tears go by


若き日のミック・ジャガーが『AS TEARS GO BY』で唄った。
『悲しみの時、悩みの時、考える時、私たちは座るという行動をとる。』
そう、座る。 ゆっくりと座りながら・・・・心を整理しようとする・・・。

日本で椅子文化が普及するようになったのは、
明治維新以降との事で、日本人と椅子の関係は130年程度なんだよね・・・。
ヨーロッパ文化からすれば、短すぎる日本の椅子文化。
椅子に対する想いや哲学が無いのは当然だと想うけど、
次元さまがおっしゃる様に、椅子は生活文化に欠かせないものであり、
カラダの骨格や健康の事を含め、インテリアの事、
椅子そのもののフォルムやディティールを楽しむも良し、
ただじっくりと座って自分自身の内面への世界の旅に出てロマンを楽しむもよし・・・
椅子には男心を擽る魅力がいっぱいある。
今夜の講座は、そんな椅子の魅力を今以上にシビレさせてくれる内容だった・・・。



by hilaling | 2007-10-26 03:17 | ■住宅講座
2007年 06月 19日

6月 住宅講座

e0014905_7254298.jpge0014905_7255327.jpge0014905_7261228.jpg

6/16(土)はjigenn先生の住宅講座の日。毎月第3土曜日はこれを楽しみにしています。
先月の講義で建築家ル・コルビュジェを知ってから、とても気になる人になってしまった。
彼の事を調べ、知っていく事がとても楽しくなってしまいました。
タイムリーな事に、六本木ヒルズ森美術館でル・コルビュジェ展をやっているのです。
早速行って来ましたよ・・・。

by hilaling | 2007-06-19 02:15 | ■住宅講座
2007年 05月 22日

5月 住宅講座

e0014905_21405462.jpg■基礎講座(2)
飛鳥・奈良・平安・鎌倉・室町・安土桃山・江戸時代・・・から近代へと、日本の住宅史を一通り説明して頂きました。日本のそれぞれの時代の建築物を平行して海外の建築物と比べると面白いですね。この時代にフランスではあんなモノが建てられている!など、その国によって建築の技術が独自である事と、それが文化となって、その国のカラーとなって時代を刻んでいる。建築と文明・文化が歴史の全ての様にも想えます。そして時代は流れて、近代の我が日本。今現在建設されている建造物が50年後にどんな文化を物語るのでしょうか?住空間は人間の文化そのもの、その国の民度を表している様にも想えてなりません。


■今夜の建築家

by hilaling | 2007-05-22 00:11 | ■住宅講座
2007年 04月 23日

あたらしい風・・・


さあ住宅講座が始まった。

■■■■    

by hilaling | 2007-04-23 22:51 | ■住宅講座
2007年 04月 20日

生き方を楽しむ講座

e0014905_451576.jpg
陽のあたる窓辺があって、
椅子、テーブル、コーヒーを淹れるキッチンや、
そんな様子を照らしてくれる陽のあたる方角など、
快適に過ごせる空間はとても大切。
その快適な住空間とはいったいどんな空間なんだろう。
住空間のそれぞれ意味も知らない事は沢山あって、
次元さまとお話しさせて頂くと、よく感じていました。
単純に『幸せな住空間や生活ってなんだ?』
いよいよ、次元さまの講義がはじまります。
早速案内の手紙が届きました。
いつもありがとう御座います。
春からはじめる、あたらしい事のひとつがはじまる。


■■■■■■■■■

by hilaling | 2007-04-20 09:19 | ■住宅講座