ブルース日和 :風に吹かれて、転がって、虹の彼方へ・・・

hilaling.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 28日

elliott erwitt in Chanel Nexus Hall

e0014905_84537.jpg


              ↑ ”なんちゃってエリオット・アーウィット!”(笑) これは昨年イタリアで撮った写真です。

                          エリオット・アーウィット・オフィシャルhp



e0014905_0571199.gif
e0014905_0571866.jpg
  
                   エリオット・アーウィット写真展  シャネル銀座ビルディング

エリオット・アーウィットの写真は、ポストカードや雑誌などで無意識の内に記憶され、
気付いた時にはそれらがエリオット・アーウィットなんだ・・・と言う感じでした。
いつの間にか知っているビートルズだった様に潜在意識の中に存在していました。
写真集は持っていませんが、雑誌『STUJIOVOICE』や『GQ』で特集されたバック・ナンバーを本棚に残してあります。
何度も読み返し、写真を眺め、その度に発見する事、沢山あるんですよ。
エリオット・アーウィットの写真は日常の着眼点がとてもユーモアで、
楽しく生きる為のヒントが作品になっている様です。
皆さんにとってエリオット・アーウィットはどんなものですか?

e0014905_0574294.jpge0014905_0575050.jpge0014905_058164.jpg


by hilaling | 2007-04-28 00:28 | ■美術館@gallery


<< 東京タワーの窓      midnight blue >>